あふりらんぽ

news

2017.10.30(月)

あふりの里Vol.3決定!!!

開場 19:00 / 開演 20:00
料金 前売2500円 / 当日3000円 (ドリンク別)
大阪の女性ロックデュオ「あふりらんぽ」主催イベントの第3弾がスーパー・デラックス十五周年記念その12として登場!渋谷WWWにてどついたるねんとあっこゴリラを迎えた第1弾、ロンドンでのBo Ningenとの2マンの第2弾に続き、今回はDOMMUNE主宰の宇川直宏とT.美川(非常階段 / INCAPACITANTS)によるノイズユニット「UMIKAWA」とオープニングアクトとして元Nature Danger Gangのメンバーらが始動した大所帯バンド「テクノウルフ」と共にカオティックな夜をおおくりします。さらには空間演出ユニット「huez」が加わりプロジェクターやレーザーを駆使してビジュアルでカオスに花を添えます。 どうぞご期待下さい!
出演:
あふりらんぽ
UMIKAWA〈宇川直宏 (DOMMUNE) + T.美川 (非常階段 / INCAPACITANTS) 〉
オープニングアクト:テクノウルフ
visual&light:huez

UMIKAWA

UMIKAWA〈宇川直宏(DOMMUNE)+ T.美川(非常階段 / INCAPACITANTS)〉 DOMMUNE主宰の宇川直宏と、非常階段 / インキャパシタンツのT.美川が番組企画を切っ掛けとして結成したピュア・アブストラクト・ノイズユニット。可能な限りの計画性を排除して、奔放にノイズを投げかけ、音に対する因果的効力を無効化し、自律させる。にも関わらず、囲碁や将棋の対局のように、二人の演奏中の思考のふれあいが空間に滲み、ノイズどおしが関係性を生み出す。例えば、言葉が通じ合わない原始部族が擬音や擬態語を駆使して意識交流をはかっている、また種の違う動物同士が鳴き声や態度でコミュニケーションを育んでいる。そのような起源や由来の異なるものが、バラバラに音を投げかけながらも抽象的な融合を果たす。いうならば「解体的交感」ではなく「合体的交感」を目指しているのだろう。そう考えるとUMIKAWAが放つ音世界は、音楽というよりは異種言語によるスポーティーな対話なのだ。
テクノウルフ

铁克诺狼:技术的沃尔夫是7个用了硬件以及生的打击乐器的男人的技术的单元
soundcloud.com/user-10027883
huez

2011年より活動開始。「フレームの変更」をコンセプトに、レーザーやLEDなどの特殊照明をはじめ、VJ、映像、ステージデコレーションまでを⼿がける空間演出ユニット/VJユニット。特殊照明や独自に開発したプログラムを駆使して空間を支配する。
shibuhouse-inc.com
チケット予約
https://www.super-deluxe.com/room/4405/

Copyright (C)Afrirampo.net All Rights Reserved.